ロゴマークについて


@ロゴマーク全体のイメージは、「T」と「H」はログキャビンを積み上げたもので、「学びの積み重ね」と「教育への思いの積み重ね」「年齢の積み重ね」など、「幅広い積み重ね」を表しています。

A「T」は、「Teacher」教師・指導者を。「H」は、「Hokkaido」我が郷土、北海道を。「凸」は、「子どもたち一人一人が持っている良さを生かした自尊心を高める教育」を表しています。

B黄緑色は、春の若葉の息吹を。グレーと白色は、冬のイメージを一体とし、四季を通した1年間の教育の営みを表しています。

C全体として、いかなる年齢にあっても教師の矜持を持ち、いかなる季節でも、我が郷土、北海道の教育を支えるため、研鑽を積み重ねていこうとの会の理念を表しています。





このロゴーマークは、米国ボストン美術館に作品が収蔵されるなど、オーストラリアをはじめ世界的にご活躍されているキルト作家の長野富江氏がデザインしたものです。