北海道師範塾「教師の道」
教師養成講座「教師の道」第4期要項


☆第4期の申込みは11月15日(土)で締め切りました。
 第5期(平成27年10月)まで申込は受け付けておりません。

ポスターはこちら

1 目的
 高い志と実践力のある教師を目指す本師範塾生に対し、教師としての崇高な使命感、高い見識を養うと
ともに、その夢の実現を支援することを目的とする。

2 講座計画
 (1)開講日等
h26.11                              H27.7               H27.8          H27.9

8ヶ月 1ヶ月 1ヶ月
 本講座
講義【教師論、指導論、授業論、法規・法令】
演習【一次試験対応、模擬授業、集団討議】など
 本講座
演習【二次試験対応】など
 最終講座
講義
【教師論】など
※臨時講座を行う事もあり得る。
 月2回・土曜 13:15〜18:15
16日(64コマ)
※基本第2、4土曜開催だが、必要な時は第1、3土曜や別な曜日などへ変更する。
※1月は冬季講座への参加を義務とし、養成講座も2回行う。
 毎土曜
13:15〜18:15
4日
(16コマ)
 第4土曜
1日のみ(4コマ)
※この他に夏季講座への参加を義務とする。
 (2)会場
  藤女子大学   〒001−0016  札幌市北区北16条西2丁目1−1
          TEL.011−736−0311

 (3)参加者
ア.教員採用候補者選考検査を受検する者で本師範塾の塾生登録者であること。前記条件を満たしていれば学年や年齢は問わない。
イ.参加者の受付枠は概ね40名とする。
ウ.受付け時には、本師範塾指定の自己推薦書に記入し、第1回講座(平成26年11月16日)の際に提出する。その内容次第では受付けない場合もあり得る。
→自己推薦書は、「自己推薦書へ」をクリックすると入手できます。
自己推薦書へ
エ.次の場合は除籍する。なお、受講料は返金しない。
    ・無断欠席の場合
    ・書面で事前に届け出た内容及び災害等以外での欠席が3日以上の場合
    ・書面で事前に届け出た内容及び災害等以外での遅刻が3日以上の場合
    ・参加態度が真面目でない場合
    ・社会人としてふさわしくない場合


 (4)受講料
年間12000円(平成26年11月16日〜平成27年8月22日)
     ※問題集2冊分(1冊1000円程度)と「実務必携」及び名札代も含む。
     ※北海道師範塾の塾生の年会費として、学生2000円、期限付き教諭5000円。また、初回登録料として1000円が別途必要となる。
     ※初めて受講される方の支払額は下表の通り。

H26.11  H27.4  
師範塾初回登録料  1000円
師範塾年会費    2000円(学生)
(平成26年度分) 5000円(教諭)
養成講座受講料  12000円
師範塾年会費    2000円(学生)
(平成27年度分) 5000円(教諭)
   諸費合計金額   期間内全て学生       17000円
期間内全て期限付き教諭   23000円
当初は学生だが4月から 期限付き教諭   23000円
※受講料は、第1回(11月16日)の講座に参加し、今後も参加すると決めた受講生からのみ講座会場にて受け付ける。このため、第1回講座に参加できなかった場合は、受講できないので承知いただきたい。

(5)基本時程
13:15〜13:20  事務連絡 
13:20〜13:30 模擬試験
13:30〜14:30  1講目【講義・演習】 
14:30〜14:40 休憩 
14:40〜15:40 2講目【講義】
15:40〜15:50 休憩 
15:50〜16:50  3講目【講義・演習】
16:50〜17:00 休憩
17:00〜18:00 4講目【個人面談・集団討議】
18:00〜18:15 塾頭講話・事務連絡 
 ※7月以降は「練習問題」の時間をカットし、その分早めていく。

3 運営者・講師
(1)運営者
  北海道師範塾理事の内、「教師への道プロジェクト」メンバーが担当する。
(2)講師
  原則として、北海道師範塾の理事が担当し、必要に応じて外部講師を依頼する。

4 講座年間プログラム
※あくまでも現段階の「予定」。  ※敬称略。  ※講師名太字は外部講師。
  1講 2講 3講 4講
26年
11月 
16日 日  開講式(齊藤)
オリエンテーション
【講義】(塾頭)
北海道師範塾とは
【講義】(近田・鈴木)
教師とは(近田)
教師とは(鈴木)
【個人面談】(全員)
受講の意思確認
22日 土  【講義】(鈴木)
教育法規
【講義・演習】(鈴木)
自己推薦書の書き方
【講義】(太田)
国の教育施策
【講義】(卒業生)
教員採用試験体験談
12月 13日土 【講義】(太田)
学習指導要領@
【講義】(太田)
学習指導要領A
【講義】(北林)
教科指導の本質
【集団討議】(北林)
学習指導要領に基づく指導の充実
20日土 【演習】(太田)
模擬試験@
【講義】(黒田)
教師に求められる人間性
【講義】(黒田)
教職員の服務
【集団討議】(北林)
揺るぎない信頼に応える教師
27年
1月 
5日
6日

冬季講座に参加(教師養成講座の講義に位置づけられているので、受講生は必ず参加する)
24日 土  【講義】(太田)
北海道の教育施策
講義】(菅沼
北海道の学力向上策
【演習】(齊藤)
指導案の作成
【集団討議】(北林・松野)
確かな学力の育成を目指す指導の充実
31日 土  【講義】(松野)
小学校教育
【講義】(川村)
中学校教育
【講義】(黒田)
高等学校教育
【集団討議】(北林・松野)
求められる学級(HR)経営の充実
2月 21日 【講義】(藤根)
特別支援教育
【講義】(北林)
インクルーシブ教育
【講義】(川村)
特別活動
【集団討議】(北林・松野)
特別な支援を要する児童生徒への指導
28日 【講義】(未定
特別活動
【講義】(堂徳)
総合的な学習の時間
【講義】(長野)
道徳教育
【集団討議】(北林・松野)
言語活動の充実
3月 14日 【演習】(太田)
模擬試験A
【講義】(斉藤満幸)
言語活動と読書活動
【講義】(堂徳)
総合的な学習の時間
【個人面談】(全員)
前半の振り返り
22日 【講義】(中村
信頼される学校
【講義】(寺本)
いじめ問題と対策
【講義】(卒業生)
直前の1次試験対策
【集団討議】(北林・松野)
いじめ問題への社会全体での取り組み
4月 11日 土  【講義】(喜多見)
生徒指導
【講義】(近田)
体罰問題と対策
【講義・演習】(近田)
個別面接@
振り返り自己評価 研究協議
【集団討議】(北林)
人権尊重の視点に
立った指導(体罰の防止)
25日 【講義】(
食育
【講義】(近田)
健康・安全教育
【講義・演習】(齊藤)
模擬授業A
【集団討議】(北林・松野)
薬物乱用防止教育の充実
5月 9日 土  【講義】(矢橋)
キャリア教育
【講義】(長野)
道徳教育の実際
【講義・演習】(近田)
個別面接A
【集団討議】(北林・松野)
キャリア教育の充実
23日 【講義】(佐々木)
情報教育
【講義】(元田
教師のメンタルヘルス
【講義】(卒業生)
直前の2次試験対策
【集団討議】(北林・松野)
教育の情報化への対応
6月 13日 土  【講義】(福間
SSWとの連携
【講義】(北林)
直前対策・教育法規
【講義】(小山内)
地域社会との連携
【集団討議】(北林)
望ましい生活習慣の定着
20日 【講義】(矢口)
外部機関との連携
【講義】(鈴木)
直前対策・教育政策
【講義】(長野)
我が国の領土
【講義・演習】(北林・松野)
集団面接
7月    4日  土  【演習】(近田)
個別面接
【演習】(北林・松野)
集団面接
【演習】(北林・松野)
集団面接
【演習】(齊藤)
模擬授業
11日 【演習】(近田)
個別面接
【演習】(近田)
個別面接
【演習】(北林・松野)
集団面接
【演習】(齊藤)
模擬授業
18日  【演習】(近田)
個別面接
【演習】(北林・松野)
集団面接
【演習】(北林・松野)
模擬授業
【演習】(齊藤)
模擬授業
25日 【演習】(近田)
個別面接
【演習】(北林・松野)
集団面接
【演習】(齊藤)
模擬授業
【演習】(齊藤)
模擬授業
8月 10日
11日

火 
夏季講座に参加 (教師養成講座の講義に位置づけられているので、受講生は必ず参加する)
22日 土  【講義】(卒業生)
実際に教師になって
【講義】(全員)
学び続ける教師とは
【講義】(塾頭)
北海道師範塾として
閉講式(齊藤)